土屋法律事務所
はじめに
任意整理
個人再生
自己破産
お問い合わせ

土屋法律事務所 JR津田沼駅徒歩5分 電話047-471-5129

お問い合わせ
津田沼・船橋・千葉の債務整理相談 JR津田沼駅 徒歩5分

自己破産


トップページ > 自己破産

自己破産

自己破産とは
 自己破産とは、裁判所に申立をなし、今までの債務について免責してもらい、借金をなくして一からの出直しをはかる手続きです。

自己破産を用いる場合は
 借金がなくても生活が精一杯である場合はもちろん、収入が不安定であったり、法定利息で計算し直して出した債務元金を2割程度にまで圧縮しても返済するのに3年以上かかるときには、支払が不能であるとして自己破産という手続きをとります。

 大きな財産は換金して債権者に配りますが、生活に必要な財産や破産決定日以後に得た財産は残ります。(住宅は維持できませんが、合計99万円以下の財産は維持できます。家財道具はもちろん維持できます。)

 そして、今までの債務については免責してもらい、借金をなくして一からの出直しをはかる手続です(ただし、税金などの公租公課は免責されません。)。自己破産というと非常に暗いイメージがありますが、経済的に出直すための手続であるため、ほとんどデメリットはありません。

自己破産の費用は
 自己破産にかかる弁護士費用には、着手金・報酬金・実費の3種類があります。(土屋法律事務所における債務整理相談では、弁護士費用の分割払いもできます。)

1 着手金・・・弁護士業務に着手するに際してご請求させて頂く費用のことです。
  自己破産の着手金は、15万円です(債務が300万円以下の場合、それ以外の場合は個別事情により算定いたします。)(消費税別)。

2 報酬金・・・自己破産により免責決定が出たときご請求させて頂く費用のことです。
  自己破産の報酬金は、15万円です(債務が300万円以下の場合、それ以外の場合は個別事情により算定いたします。)(消費税別)。

3 実費・・・2万円(受任通知発送費用、裁判所への予納金・郵券、コピー代などです。)
   ただし、財産ないし負債が多く、裁判所により破産管財人が選任される場合には、裁判所に納める費用として20万円が加わります。
自己破産における解決事例
 今までに土屋法律事務所(津田沼債務整理相談)で解決した多くの自己破産の事例のうち、いくつかの事例を取り上げてみました。

 土屋法律事務所(津田沼債務整理相談)では、皆さま一人一人に最も適していると思われる方法を選択することで、皆さまに安心した生活を取り戻していただきたいと願っております。


自己破産のケース1 〜転職により生活費が不足〜

以前から洋服の購入などにクレジットカードを使っていた。一人暮らしで、自炊をあまりせず、外食が多かったので、生活費が足りない時には、銀行や消費者金融から借入れすることもあった。
14年前に就業先が倒産し、返済が困難になり始めた。
その後、就職した先で仕事や人間関係が上手く行かず、4度転職をした。無職の時期には、失業保険だけでは足りず借入が増えた。
3年前には体調を崩し、実家に戻った。
昨年、現在の会社に就職したが、パートのため収入は少なく、どうしたらよいのかわからず土屋法律事務所(津田沼債務整理相談)を来訪。

■負債状況
           依頼前      依頼後
------------------------------------------------------
消費者金融等
------------------------------------------------------
   合計   6社360万円  →  免責0円

実家で親と同居のため生活費の負担は少ないが、収入も少なく、体調にも不安があるため無理は出来ない。
安定した返済資金の確保が難しいため、自己破産を選択することにした。

(本人の感想)
10年以上も借金のことばかり考えていたが、債務の返済が無くなり、やっと今までの不安を解消することができた。
今の職場は、人間関係も良く、仕事も自分にあっている。長く勤められるよう、体調管理をしっかりと考えながら、生活していこうと思う。
もっと早く相談をしていればよかった。
自己破産のケース2 〜年金生活になり返済が困難〜

12年前からパートの勤務時間が減らされるようになった。
貯金を取り崩して生活していたが、すぐに底をついてしまい、冠婚葬祭などの突然の出費や生活費の不足分を借入れするようになった。それから3年経った頃、職場に生活が大変だからと話したところ仕事量を増やしてもらえ、返済もできるようになった。
ところが、一昨年、持病が悪化し入院することになった。入院中は収入が無いため、生活費と入院費を借入れした。その後、通院治療が必要で、仕事も休みがちになり、収入が減り、借入れが増えてしまった。
今年で63歳になり、職場からはパート契約を更新しないと言われ、あと3ヶ月で退職になる。
今後は、年金生活となるため、到底、借金を返済することはできないと途方に暮れて土屋法律事務所(津田沼債務整理相談)を来訪。

■負債状況
           依頼前      依頼後
------------------------------------------------------
消費者金融等
------------------------------------------------------
   合計   8社260万円  →  免責0円

年金では生活するのが精一杯。年齢的にも職に就くのは困難であるため、自己破産を選択することにした。

(本人の感想)
今後は、年金だけなので生活は厳しくなるが、借金の返済が無くなったので、何とか生活ができる目処がついた。
贅沢をすることはできないが、安心した老後を送ることができるようになった。
自己破産のケース3 〜大きな保証債務がかかってきた〜

実家は小さな商店。自分も店で働いていた。
17年前、父から保証人になって欲しいと言われ承諾した。父からは、店の運転資金だと言われ、返済は大丈夫だという父の言葉を信用した。
10年前にも、保証人を頼まれ承諾した。返済はきちんとしていると思っていた。
それから3年後、経営悪化で店は閉店し、自分は今の職場に就職した。
その直後、父が病で他界し、父の負債状況が次々と明らかになった。
自分は保証人であったので相続放棄をしなかったため、保証債務以外の父の負債も抱えることになった。父の負債が高額過ぎて、手がつけられなかったが、請求が厳しいところとは話し合いをなし、少しずつ返済を続けてきた。
しかし、負債額があまりに多く、全部はとても返済しきれないし、いつまで返済を続けていけばよいのかわからず、土屋法律事務所(津田沼債務整理相談)を来訪。

■負債状況
           依頼前       依頼後
------------------------------------------------------
相続債務    2社3,670万円
保証債務    7社4,390万円
------------------------------------------------------
  合計    9社8,060万円  →  免責0円

本人にはめぼしい財産は無く、債権者による債権の放棄も期待できないため、自己破産を選択し、免責決定を得た。

(本人の感想)
保証人になったことは自分の責任と思い、長い間、決断できずに悩んでいた。
しかし結局は返済することができず、債権者にも迷惑かける結果となってしまった。父が他界した時に、債務整理をしていれば良かったと悔やまれるが、しっかりと法的な手続をとることができてよかった。
自己破産のケース4 〜どうしても住宅ローンが払えなくなった〜

6年前に住宅を購入。ボーナス併用型のローンを組んだ。
生活用品などの購入に、クレジットカードを使うことはあったが、他には借金は無く、返済は順調だった。
ところが、4年前から、給料やボーナスが減り、ローンの支払がきつくなり、借入れをするようになった。
2年程前から、借金のことで妻との関係がギクシャクしてしまい、このままでは離婚となってしまうかもしれないと土屋法律事務所(津田沼債務整理相談)を来訪。

■負債状況
           依頼前       依頼後
------------------------------------------------------
住宅ローン   2社2,250万円
その他     7社  360万円
------------------------------------------------------
  合計    9社2,610万円  → 免責0円

住宅ローン残額と不動産の価値を比較すると、ローン残額の方がはるかに多く、オーバーローンの状態。
その他の財産は、掛け捨ての生命保険と古い車があるだけ。

また、家計の状況を考えると、住宅ローンを継続するのは難しいと考え、自己破産手続をとることにした。

(本人の感想)
住宅は手放すことになってしまったが、借金の整理ができたことで、妻との関係も修復でき、二人でやり直すことができた。
家は無くなったが、妻と二人でいられることの方がはるかに大切だとしみじみ感じている。



皆さまお一人お一人に適した方法は必ずみつかります。債務整理で少しでもお悩みの方は、お電話下さい。

相談のご予約は 047−471−5129 にお電話下さい

 土屋法律事務所(津田沼債務整理相談)では、借金・債務整理の法律相談料は無料です。また、弁護士費用の分割もできます。

土屋法律事務所のHPはこちらへ