土屋法律事務所
はじめに
任意整理
個人再生
自己破産
お問い合わせ

土屋法律事務所 JR津田沼駅徒歩5分 電話047-471-5129

お問い合わせ
津田沼・船橋・千葉の債務整理相談 JR津田沼駅 徒歩5分

個人再生


トップページ > 個人再生

個人再生

個人再生とは

 個人再生とは、基本的には債務の2割にあたる金額を、3〜5年間の分割で弁済し、残額を免除してもらう手続きです。

 この個人再生が当事務所における債務整理の基本になります。破産をしたという心理的な負い目を感じるよりも、減額してもらったにしても弁済したという自信をもっていただきたいからです。

 この個人再生という手続きは破産に比べて弁護士の行う手間が大きいことから、債務整理といえば破産手続きを勧める弁護士が多いのですが、私はこの個人再生の手続きを基本にしています。


     参考として、弁済額の詳細は次のとおりです。
     住宅ローン以外の債務残額が
     100万円未満の場合は、元金全額
     100万円〜500万円の場合は、100万円
     500万円〜1500万円の場合は、元金の2割
     1500万円〜3000万円の場合は、300万円
     3000万円〜5000万円の場合は、元金の1割
     5000万円を超える場合は、個人再生以外の手続
     ※ただし、上記より資産額が上回るときは、資産の額
  


個人再生を用いる場合とは
 
 債務元金そのままを返済するのでは債務額が大きすぎるが、債務元金を、2割程度に圧縮してもらえればなんとか支払えるという場合にとる手続きが個人再生です。

 住宅の維持を希望される場合には、住宅ローンはそのまま支払い、それ以外の債務を圧縮してもらうことが可能です。(破産の場合には住宅を持ち続けることはできません。)


個人再生の費用は
 
 個人再生にかかる弁護士費用は次の3つですが、当事務所では、弁護士費用の分割払いにも応じます。

1 着手金・・・弁護士業務をはじめるときに請求させて頂く費用のことです。
  個人再生の着手金は、20万円です(債務が400万円以下で住宅ローンがない場合、それ以外の場合は個別事情によります。)(消費税別)。

2 報酬金・・・個人再生により債務が圧縮されたときに請求させて頂く費用のことです。
  個人再生の報酬金は、20万円です(債務が400万円以下で住宅ローンがない場合、それ以外の場合は個別事情によります。)(消費税別)。

3 実費・・・3万円(受任通知発送費用、裁判所への予納金・郵券、コピー代などです。)


個人再生における解決事例
 
 今までに当事務所で解決した多くの個人再生の事例のうち、代表的な事例を取り上げてみました。


個人再生のケース1 〜8社から負債額500万円の借入れ〜

思ったより簡単に借り入れできることから、生活費が不足したときや、旅行などの一時的な出費について借入れするようになった。
気が付いてみると、8社から約500万円の借入れとなっており、月々の返済も12万円に上ってしまった。
月々の返済のために借入れしている状況であり、いつまで返済しても返済が終了しないという不安で一杯である。なんとか不安をなくしたいと考えて当事務所を来訪。

■負債状況
          依頼前      依頼後
--------------------------------------------------
                  
   合計    8件500万    100万

--------------------------------------------------
毎月の返済額     12万     約2.8万

個人再生をとったことにより、500万円の債務は2割の100万円で、それを3年36回の分割で支払えば、残額は支払わなくてもよいことになった。
そのため、月々の弁済額は約2.8万円になった。

(本人の感想)
土屋法律事務所に個人再生をお願いしたことで、負債を20%に圧縮することができた。月々の返済額は12万円だったものが、約2万8,000円になり、ものすごく楽になった。これなら返済していける自信がある。
しかも3年後には債務がなくなるということであり、将来について安心がもてるようになった。
他の大きな法律事務所に行ったときには、どの弁護士が担当なのかもはっきりせず、破産したくはないという私の気持ちもくんでもらえなかったので、そこに依頼しなくてよかったと本当に思っている。

個人再生のケース2 〜住宅ローンもあるが、家は守りたい〜

10年前に住宅をローンで購入した(月々の住宅ローンは約7.5万円)。
その後、妻が出産のため仕事を退職したため家計の収入が減り、生活費の不足を補うため借入れをするようになってしまった。
また、中古だが車も購入したことで、借入が増えてしまった。
妻が仕事に復帰して収入は安定したが、すでに借入れしてしまった600万円の返済が月々15万円にもなっており、このままでは家のローンとあわせると返済はとても困難である。
なんとかして家は守りたいが、どうしたらよいのかわからず当事務所を来訪。

■負債状況
            依頼前      依頼後
------------------------------------------------------
                 
   合計       600万     120万

------------------------------------------------------
毎月の返済額       15万     約3.3万


個人再生では住宅ローンを継続して住宅を維持しながら、ほかの債務を減額することができる。
そのため、住宅を維持しつつ、ほかの債務を2割の120万円に減額して、3年間で弁済することになった(月々の支払額は約3.3万円)。

(本人の感想)
個人再生手続により、住宅ローン以外の月返済額を約3万3,000円にまで圧縮していただけた。
これまでの支払は住宅ローン7.5万円を加えると月々22万5,000円だったものが、住宅ローン7.5万円を加えても月々約11万円にまで減額してもらえた。
これなら、住宅ローンを支払い家を維持しながら生活を立て直すことができる。しかも、3年後には住宅ローンだけになると思うと今までの借金苦が嘘のようです。


個人再生のケース3 〜株式投資等による3000万もの大きな債務〜

自分は商社マンであり収入もある程度あったことから、すすめられるままに株やFXに手を出してしまった。
当初は利益もあったが、素人の自分が続けて利益を上げられるはずもなく、気が付いてみるとずるずると2000万円以上の損失分を借り入れてしまった。
また、会社を辞めて独立した友人の保証人になっていたが、その友人の事業が失敗し、保証債務として1000万円の債務も請求されることになってしまった。
これまで商社マンとして頑張ってきたプライドや立場から破産はしたくないが、このような大きな金額ではさすがに返済も困難であるとして、当事務所を来訪。

■負債状況
          依頼前      依頼後
--------------------------------------------------
                  
   合計     3000万    300万

--------------------------------------------------
毎月の返済額     相当額     約8.4万

個人再生をとったことにより、債務が3000万円の場合には、債務は1割の300万円を支払えばよいことになった。
この300万円を3年36回の分割で支払うなら月々約8.4万円を支払えば、残額は支払わなくてもよい。
この月々の支払が収入上むずかしければ、支払期間を5年60回にまで伸ばすことができるので、そのときには月々の弁済額は5万円ということになる。

(本人の感想)
土屋法律事務所に個人再生をお願いしたことで、負債を10%に圧縮することができた。ここまで減額していただけるとは、まったく予想もしていなかったことである。
自分のしてしまったことであり、絶対になんとか返済の方向で解決したかった。
この気持ちをとりあげてもらい、自信をもって今後の人生に前向きに進んでいくことができる。


皆さまお一人お一人に適した方法は必ずみつかります。債務整理で少しでもお悩みの方は、お電話下さい。


相談のご予約は 047−471−5129 にお電話下さい

 
土屋法律事務所(津田沼債務整理相談所)では、借金・債務整理の法律相談料は、無料です。また、、弁護士費用の分割もできます。




土屋法律事務所のHPはこちらへ