土屋法律事務所
はじめに
任意整理
個人再生
自己破産
お問い合わせ

土屋法律事務所 JR津田沼駅徒歩5分 電話047-471-5129

お問い合わせ
津田沼・船橋・千葉の債務整理相談 JR津田沼駅 徒歩5分

任意整理


トップページ > 任意整理

任意整理

任意整理とは
 任意整理とは、弁護士が債権者からこれまでの借入返済の状況を示す取引経過をとりよせ、法定利息で計算し直した債務元金を、債権者と弁護士との話し合いにより、将来の利息をカットしたうえで、分割で弁済していくことです。
 
 自己破産や個人再生と異なり、裁判所における手続ではないため任意整理といいます。

任意整理を用いる場合は
 安定した収入があり、計算し直した債務の元金額を3年程度で返済できる場合には、任意整理の手続きをとります。
 
 3年程度で区切る理由は、その程度が将来を見通せる期間であり、弁済のために切り詰めた生活を続けられる限度だからです。

 また、法定利息で計算し直した結果、利息が払い過ぎの場合には、債権者から返還してもらいます(過払い利息の
返還)。

任意整理の費用は
 任意整理にかかる弁護士費用には、着手金と報酬金の2種類があります。(土屋法律事務所における債務整理相談では、弁護士費用の分割払いもできます。)

1 着手金・・・弁護士業務に着手するに際してご請求させて頂く費用のことです。
  任意整理の着手金は、債権者1件につき2万円です(受任通知発送費を含みます)(消費税別)。

2 報酬金・・・債権者との話し合いがまとまったときにご請求させて頂く費用のことです。
  任意整理の報酬金は、債権者主張の債権額と和解金額との差額の1割相当額、過払利息の返還を受けたときは、それに加えて返還を受けた過払金の2割相当額です(ただし、最低債権者1件につき2万円)(消費税別)。
任意整理における解決事例
 今までに土屋法律事務所で解決した多くの任意整理の事例のうち、いくつかの事例を取り上げてみました。

 土屋法律事務所では、皆さま一人一人に最も適していると思われる方法を選択することで、皆さまに安心した生活を取り戻していただきたいと願っております。


任意整理のケース1 〜無理なく返済できるようになった〜

8年程前から、会社の付き合いや、引越の際に、銀行や信販会社などから借入れをしていた。休日にパチンコに行くようにもなり、小遣いが足りなくなり借入れすることもあった。
3年前頃から返済が難しくなり、更に借金を増やしてしまった。
毎月の返済は12万円にものぼり、返済のために同僚からもお金を借りてしまい、どうしたらよいのかわからず土屋法律事務所を来訪。

■負債状況
        依頼前       依頼後
------------------------------------------------------------
銀行        1社 30万円    1社 30万円
消費者金融    4社312万円    1社 18万円
同僚から借入   1名 15万円    1名 15万円
------------------------------------------------------------
   合計     6件357万円  → 3件 63万円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
毎月の返済額      12万円        3万円

同僚からは、月1万円ずつ返済してくれればよいと言ってもらっている。
銀行1社は金利も低いので継続して支払うことにし、消費者金融分のみ弁護士が介入し、任意整理をした。

4社について利息制限法に基づき引き直し計算をしたところ、3社は過払い(債務ゼロ)になった。残り1社の債務残額も18万円に圧縮することができ、消費者金融について月1万円ずつの分割払いで和解した。

(本人の感想)
自分の楽しみで作ってしまった借金だったので、金利が高くても返さないといけないと思い、余計に借金を増やしてしまった。
適正な額に引き直すことで、返済ができるようになった。
過払いとなって業者から返還してもらったお金で、弁護士費用も支払えた。
これを機にパチンコをきっぱり止め、多少の蓄えもできるようになった。
思い切って弁護士に相談して良かった。あのまま借金を続けていたら、今ごろどうなっていたかわからない。
任意整理のケース2 〜過払い金の返還で、債務残額がゼロに〜

30年程前に保証人になってしまい、その返済のために借入れしたことがきっかけ。ようやく完済した後に、今度は振込詐欺に遭い、再び借入れ。何とか返済してきたが、病気を患い、生活が困難になった。月々の返済は23万円にもふくらみ、これからどうやって生きていけばよいのかわからず土屋法律事務所を来訪。

■負債状況
           依頼前       依頼後
------------------------------------------------------------
消費者金融    2社152万円     2社 過払い
信販会社     1社208万円     1社80万円
------------------------------------------------------------
   合計     3社360万円  → 3社返還金で清算
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
毎月の返済額      23万円         0円

利息制限法に基づく引き直し計算をしたところ、消費者金融2社は過払いとなり(債務ゼロ)、信販会社は債務残額が80万円になった。
過払いとなった業者から受領した返還金で、残った債務を一括弁済し、弁護士費用も支払えた。

(本人の感想)
人生はこんなにきびしいものかと、自分の運命をうらんできた。あのままでは今ごろ自殺という方法を選んでいたかもしれない。
本当に長い年月思い悩んでいたことが一気に解決し、これからは病気の治療に専念して、先の人生を楽しんでいきたい。
任意整理のケース3 〜住宅と車を残せた〜

12年前に住宅ローンを組み、念願のマイホームを購入した。
ところが、10年程前から自営の事業が赤字になり、運転資金と生活費のため、借入れをするようになった。
兄弟からも借金をした。3年前に自営を諦めたが、借金が残ってしまった。
半年間の求職活動の後ようやく就職したが、住宅と車のローン以外にある消費者金融への月々17万円の返済にはとても追いつかない。
家と車のローン以外に3万円なら出せるが、それ以上は返済資金が出せない。
念願のマイホームだが、もう諦めるしかないのかと土屋法律事務所を来訪。

■負債状況
             依頼前       依頼後
-------------------------------------------------------------
消費者金融等
-------------------------------------------------------------
   合計     6社350万円  →  2社50万円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
毎月の返済額        17万円   1万5,000円

兄弟は、返済しなくてよいと言ってくれているので、とりあえず、住宅ローン・車のローン・兄弟以外の借入6社について、消費者金融に取引明細書を出してもらい債権の調査をした。
引き直し計算をしたところ、4社は過払いとなり(債務ゼロ)、債務残額の合計は2社で50万円になった。
これなら、住宅ローンと車のローンをこのまま継続しても、3年程度の分割で返済可能という見通しが立ち、残った消費者金融2社について任意整理をすることにした。

(本人の感想)
過払いとなった業者から受領した返還金の一部を債務返済に充て、2年半の分割払いで和解を成立させてもらった。
消費者金融への毎月の返済額が1万5,000円となり、住宅も車も維持したまま、生活のやり繰りできるようになった。
兄弟にも、もう少し余裕ができたら、返済したいと思っている。



皆さまお一人お一人に適した方法は必ずみつかります。債務整理で少しでもお悩みの方は、お電話下さい。

相談のご予約は 047−471−5129 にお電話下さい

 土屋法律事務所(津田沼債務整理相談)では、借金・債務整理の法律相談料は無料です。また、弁護士費用の分割もできます。

土屋法律事務所のHPはこちらへ